「as」の使い方全パターンを紹介!これで「as」に悩むことはなくなる!!

英文を読んでいると頻繁に出てくる「as」。訳し方・用法のパターンが多く、文意の把握に苦戦してしまう方も多いのではないでしょうか?そんなくせ者の「as」ですが、「as」のコアイメージと訳し方のパターンを把握しておけば、なんてことのない奴です。この記事では「as」の訳し方を全5パターンを紹介します。この記事を読めば、今後「as」に悩まされることはなくなりますので、是非最後までご覧ください。

「as」のコアとなるイメージ

英語を学んでいく上で、英単語のコアとなるイメージを把握しておくことは極めて重要です。そこで、まず「as」のイメージを掴んでおきましょう。

「as」のコアとなるイメージ
  • 「as」は「=(イコール)」と同意

つまり、「as」は「前の単語・節」と「後ろの語・節」をイコールで結ぶ役割を持っというイメージです。

このイメージを持っておけば、簡単に「as」を訳せるようになります。以降は、このイメージをもって、読み進めてください。

 

「as」の役割

学校で習う「as」の訳し方は、次の5パターンです。

「as」の訳し方
  • ~として、~のような、~と同じくらい(様態)
  • ~の時(時)
  • ~なので(理由)
  • ~につれて(比例)
  • ~だけれども(譲歩)

 

このように「as」には5パターンの訳し方があります。これを全部覚えるとなるとなかなかなか大変ですよね?

学校で「”as”を訳すときは、前後の文意を把握して上の中から、適切な訳を選ぶようにすること!」と教えられるかもしれません。

しかし、この考え方だと、そもそも訳のパターンを覚えることが大変です。さらに上の5パターンから適切な訳し方を考えると次のようになります。

この「as」は、「様態」で訳すと文意が意味不明になるし、「比例」かな~?・・・いや「譲歩」だわ!

みたいにやっていると、瞬時に文意を把握することができません。特に、リスニング時に「as」をこのように考えていたら、置いてけぼりになり、壊滅すると思います。

しかし、「as」のコアイメージである「=」を把握しておけば、「as」の上の5パターンの訳し方は自然と頭に入りますし、瞬時に文意を把握できるようになります

次の例文を元に考え方を紹介します。

パターン① 様態の「as」

  例文  
・I work as a playwright.
(私は脚本家として働いている)
「as」が「様態(~として)」として使われている例文です。
「as」は「様態(~として)」と使われることもあると覚えておく必要があると考えると大変ですが、「as」のコアイメージ「=」をしっかり持っていれば、上の英文は、以下のようなイメージになりとても覚えやすくなります。
「私=脚本家で働いている」
このイメージを、自然な日本語に訳すと
「私は脚本家として働いている」
となります。
つまり、「as」のイメージは「=」なので、上の例文を自然な日本語に直すと「as」を「~として」と訳すのが適切になるといった感じです。
もっというと「as」のコアイメージさえもっておけば、上の例文は「様態(~として)」と訳す以外の選択肢はない考えられるようになります。
このような考え方に慣れることが「as」を攻略する最重要ポイントになりますので、何度かこの考え方をして、マスターしてください。たぶんすぐ慣れると思います。
続いてもう一つ。
  例文  
・I am as tall as Bob.
(私はボブと同じくらい背が高い。)
 
この例文においても、「as」のコアイメージ「=」を持っておけば

「私=Bob 背が高い」→ 「私はボブと同じくらい背が高い。」

と自然と考えられるのではないでしょうか?

(私は「as」が2つも使われているので、「tall」が同じであることをより強調したいと解釈しています。真意は不明ですが、あくまで暗記の助けとなるイメージです。)

 

パターン② 時の「as」

  例文  
・As a child, I live in Japan.
(子どもの時、日本に住んでいた)
「as」が「時(~の時)」として使われている例文です。この例文も同じように、

「子ども=私は日本に住んだ」→ 「私が子どもの時、日本に住んでいた」

と自然と考えられるのではないでしょうか?

パターン③ 比例の「as」

  例文  
・As time passed, I became rich.
(時がたつにつれ、お金持ちになった。)
「as」が「比例(~につれ)」として使われている例文です。この「as」は接続詞として使われているので、「前後の文を「イコール」で結ぶ」と考えると次のようなイメージがわくのではないでしょうか?

「時がたつ=私はお金持ちになった。」→「時がたつにつれ、お金持ちになった。」

と自然と考えられるのではないでしょうか?

パターン④ 理由の「as」

  例文  
・As it was hot, I stopped going out.
(暑かったので、外出をやめた)
「as」が「理由(~のなので)」として使われている例文です。この例文もこれまでと同じように、

「暑かった=外出をやめた」→「暑かったので、外出をやめた」

と自然と発想できると思います。

例外 パターン⑤ 譲歩の「as」

これまで、「as」のコアイメージ「=」を使って、考えてきましたが、この譲歩の場合のみ例外です。「譲歩」の場合のみ、これまでと違った発想で対応する必要があります。

ただし、例外ゆえ、難関大の入試では下線部訳の対象にされやすいです。

例文を見てみましょう。

  例文  
・Young as I am, I can run faster than him.
(若いので、彼より速く走ることができる)
 
上の例文の様に「C+as+S+V」の文型をしている場合は、「譲歩(~だけれども)」で訳します
このパターン文頭に形容詞などが来るため、特殊な形をしているので、すぐに「asの例外パターンだ!」と気づけると思います。
*「C+as+S+V」の文型を「倒置」と呼ぶか人もいますが、厳密にはこれは倒置ではないです。ただし、倒置と理解しても差し支えないので、この記事では「倒置」ということにします。
 
パターン⑤は、東大をはじめ難関大学受験の下線部訳として頻出です。英語が苦手な人には訳出が難しく、合否を分ける問題になります。なので、難関大学や英検の上位の級を受ける方は確実に押さえてください。

 

その他の例外パターン

パターン⑤は大学受験では頻出ですので詳しく説明しましたが、「as」のコアイメージ「=」で対応できないものが他にもいくつかあります。

いずれも「as」を使われる熟語の類だと考えてください。ほかの単語でも熟語になると、思ってもみなかった意味になったりする場合がありますよね?

それと同様で、以下のものは「as」のコアイメージ「=」とは別物で、熟語になって大きく意味が変化したものと考えてください。

これらは熟語だと割り切って、そのまま覚えてください。

「as」の熟語  
  • as if~ = まるで~のように
  • as far as~ = ~する限りは(~は範囲や程度がくる)
  • as long as~ = ~する限りは(~は時がくる)
  • as for~ = ~に関して
  • as to~ = ~に関して
 

他にも「as」を用いた熟語はあると思いますので随時追記していく予定です。

 

「as」は「=」のイメージはリスニング時に役立つ

「as」のコアイメージ「=」をさんざん推してきましたが、このイメージを持つことは、和訳の時よりもリスニングの時に威力を発揮します。

リスニング中に「as」に出くわしても、「様態かな~?比例かも~?」と考えている暇はありません。「as」は「=」というイメージをもっていれば、瞬時に意味を把握できるます。ですので、本気で英語を上達したい人はこのイメージを持つことはは必須です。

逆に、「as」は「=」というイメージをもっていれば、リスニングも楽勝になります。

「as」のまとめ

色々な意味のある「as」ですが、コアのイメージは「=」です。これに加えて、少しだけ例外パターンがあります。

英語において、単語のコアイメージを掴むことは上達の必須条件です。

ややこしい英単語の代表格の「as」ですが、しっかりコアイメージを掴んで、使いこなせるようになりましょう!

「as」のまとめ
  • 「as」は「=」というイメージ
  • 譲歩と熟語は例外
  • 「as」は「=」というイメージはリスニングでは必須!

 


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村