MENU

【英単語帳】大学受験におススメの英単語帳!ルート・使い方・到達レベルを紹介

希望の大学に合格するために英単語を学びたいという人も多いと思います。英語の基本は「英単語」の暗記です。

次のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

大学受験用に英単語を覚えたいけど、本屋には英単語帳が多すて、どれを使えばよいのかわからない・・。

英単語なんて覚えられる気がしない。

こんな悩みを抱えている人も大丈夫です。今回紹介する「英単語帳ルート」で、1段づつステップアップしながら勉強すれば、誰でも必ず英単語力は向上します

 

この記事では、必ず力のつく「英単語帳ルート」「英単語の効率的な覚え方」を紹介します。

こんな悩みを解決!
  • 大学受験におススメの英単語帳のルートを知りたい
  • 英単語帳の使い方を知りたい

 

 

「英単語の覚え方」の鉄則

覚えるべき英単語の数は、5000以上にもなります。これを聞くと、

5000以上の英単語を暗記するなんて、無理ゲーじゃね??

と感じてしまうと思います。

何の工夫もなく英単語を暗記しようとすると、おそらく挫折します。英単語の暗記の極意は「短い期間で何度も繰り返す」。これに尽きます。

 

逆に言えば、これを意識して暗記に取り組めば、そこまで苦労せずに大量の英単語を暗記できます。

 

1日に10や20個英単語を覚えていくというのは、非常に効率が悪いです。最低でも1日に200以上(できれば300以上)の英単語に目を通していきましょう。目を通すだけで、構いません。1日に200個以上の英単語に目を通していき、最後まで目を通したら、最初に戻って目をととしていく。これを最低10周以上する。これが英単語暗記の鉄則です。

 

効率的な英単語の暗記方法は下の記事で詳しく紹介していますので、必ず、この記事を参考に英単語の暗記に取り組んでください。

合わせて読みたい

 

超初級レベルの英単語帳

この英単語の超初級レベルは、次のような人のみ取り組んでください。

英語の勉強やったことないんだけど・・・。

中学レベルも怪しいから、復習もかねて基礎の英単語から勉強したい。

このような人は、次の単語帳が勉強してください。中学レベルは大丈夫という人はこの段階は飛ばしても問題ないです。

 

 

超初級レベルの英単語帳 
  • 英語を初めて勉強する人は取り組もう!
  • 中学レベルの復習をしたい人も取り組もう!

 

「究極の英単語 vol1」の詳しい使い方は下の記事を参照ください。

合わせて読みたい

 

初級レベルの英単語帳

高校レベルの英単語を初めて学んでいく人は、以下のうちから1つ選んで勉強してください。これらの単語帳には、知らない単語があってはならないレベルです

 

でも、実際に取り組んでみるとわかりますが、意外と知らない単語があると思います。こういった問題は、確実にマスターできるようにしてください。

 

このレベル帯をマスターすれば、共通テストのリーディングで7~8割はとれるようになります。

 

 

 

 
 初級レベルの英単語帳 
  • 高校レベルの英単語を学びたい人におススメ
  • 漏れなくすべてマスターしよう
  • 到達レベルは共通テスト7~8割程度

 

中級レベルの英単語帳

初級レベルの英単語を学び終わった人は、以下のうちから1つ選んで勉強してください。このレベルまでマスターすれば、中堅以上の大学に合格可能です。

 

 

 

 

 

このレベルをマスターしている人が、いわゆる「英語できる人」です。

 

本書の後に過去問を十分に研究することが前提ですが、到達レベルは、MARCHや中堅国立大学合格、難関大学挑戦可能といったところです。

 

本人のセンスにもよりますが、そこそこの難関大学(下位旧帝大)でも、本書の後に過去問を十分に演習すれば合格できます。

 

MARCHや中堅国立大学に余裕をもって合格したい人、難関大学を目指している人は、次の上級レベルの参考書にも取り組んでください。

 中級レベルの英単語帳 
  • 高校中級レベルの英単語を学びたい人におススメ
  • このレベルをマスターすれば、「英語できる組」に入れる
  • 中堅国・MARCH合格レベルに合格可能
  • 中堅国立・MARCHに余裕合格したい人、難関大学志望者は上級レベルの英単語帳に進もう。

 

DUO3.0の詳しい使い方は、次の記事で紹介しています。

合わせて読みたい

 

上級レベルの英単語帳

MARCHや中堅国立大学に余裕合格を決めたい人、難関大学に受かりたい人は次の英単語帳の中から、1冊選んで使いこんでください。

 

 

 

 

 

このレベルの単語帳をマスターできれば、MARCHや中堅国立大学の合格は固いです。

 

上位旧帝大や難関私立大学であると、これらの単語帳の中の1冊をマスターしておかないと、安定して合格を勝ち取ることは難しいです。

 

受験する大学に合わせて、上の中から適切な単語帳を選びましょう。例えば、東大志望なら「鉄壁」、京大志望なら「速読英単語・上級編」、医学部志望なら「リンガメタリカ」、早慶志望なら「パス単」がおススメです。

 

1度「コレっ!」と決めたら、途中で他の単語帳に浮気することなく徹底的に使い倒しましょう

 上級レベルの英文解釈 
  • 難関大学に合格したい人はマスターするべき
  • 中堅国立・MARCHに余裕合格したい人にもおススメ
  • どれか1冊を選び、徹底的に周回しよう

 

英単語帳に取り組む上での注意点

英単語帳を上記のルートで勉強する人に、注意点があります。

「ターゲット」を途中まで勉強したけど、友達は「システム英単語」を使って模試で良い成績を取っている!だから、僕も「システム英単語」に乗り換えよう。

みたいなことを繰り返すと、英語力が上がらないし、成績も伸びません。

 

同じレベル帯の英単語帳を使った場合、到達レベルはほとんど変わりません。成績に差がつく理由は「友達の方が、その英単語帳を一生懸命周回したから!」に他なりません

 

基本的には「コレ!」と決めたらマスターするまで別の参考書に乗り換えないことをおススメします。

 

「乗り換え」しないで済むように、英単語帳の情報を集めて、自分でじっくり考えた上で英単語帳ルートを決めてください

 

大学受験用英単語帳ルートのまとめ

英単語力は、英語を勉強する上で「必須の力」でありながら、「合否を分ける」部分です。英単語を多く覚えた人が最終的に合格を勝ち取ります。

 

逆に言えば、「英単語力」を身につければ、合格は目前です。

 

今回紹介した参考書ルートで、希望大学の試験を突破できる「英単語力」を身につけましょう。

 


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村