【入門英文解釈の技術70】長文が読めるようになる使い方、難易度、到達レベルを紹介!

英単語も英文法もある程度勉強したけど、なぜか英語長文が読めない・・・。

そんな人は、「英文解釈力」が足りていない可能性が高いです。「英文解釈」と聞いても

英文解釈って何?どうやって勉強したらよいの?

こんな人には「入門英文解釈の技術70」をおすすめします。この記事では、「英文が読めない」という悩みを抱える人に向けて「入門英文解釈の技術70」を紹介します。

 

本記事を読めば、「入門英文解釈の技術70」の使い方、難易度、到達レベル、次に取り組むべき英文解釈の参考書がわかります。

 

 

 こんな悩みを解決!
  • 英単語や英文法を終えたから、英語長文を読めるようになりたい
  • 「英文解釈の技術70」の効率的な使い方を知りたい
  • 「英文解釈の技術70」の到達レベルを知りたい

 

 

「入門英文解釈の技術70」の前にやっておくこと

「英文解釈」を学ぶ前に、身につけておくべき力があります。それは、最低限の「英単語力」と「英文法力」です。


これらを取得できてない人は、まず英単語や英文法を学習しましょう。

最低限の「英単語力」と「英文法力」って、具体的に何??

という人は、下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

 

「英文解釈の技術70」の概要

難関大学の受験では、瞬時に英文構造を把握することが難しい複雑な英文が、下線部訳として出題されます

 

こういった下線部訳では、英単語の意味や前後の文脈から、フィーリングで訳を作っても、ほとんど点数がもらえません。

 

しっかりと英文の構造を把握した上で訳し上げる必要があります

 

「英文解釈の技術70」は、複雑な英文を把握する力を鍛えるための参考書です。「英文解釈の技術70」は、初心者向けの英文解釈用参考書で、「超基礎~標準レベルの英文」を解釈するための技術が70個も詰め込まれています。

 

「入門英文解釈の技術70」には、例題70題+演習題70題の合計140題が収録されています。「英文解釈」の参考書としては、かなりボリュームのある参考書です。

 

本書では、まず「例題」があり、その後に「例題」の文構造の解説があります。この解説では、基本的にすべての例文にSVOCMが振られており、視覚的に文構造が理解しやすくなっています。ただ単に例文にSVOCMが振られているだけではなく、解説も非常に分かりやすいです。

 

その後の「演習題」では、「例題」と同じ技術を使って解釈できる英文が収録されています。

 

つまり、「例文」で解釈の技術を学び、「演習題」でテクニックをアウトプットするという学習の黄金パターンが自然と行える構成になっています。

 

「入門英文解釈の技術70」をマスターすれば、複雑な英文を解釈していくための基礎が出来上がります。TOEICには、ギリギリこの1冊で対応できるようになります

 

英文解釈に初めて取り組む人にもおすすめの参考書です。

「入門英文解釈の技術70」の概要
  • 英文解釈の初心者向け
  • インプット→アウトプットの流れがやりやすい
  • 例文にSVOCMが振られている。
  • 解説もわかりやすい

 

「入門英文解釈の技術70」のメリット

「英文解釈の技術70」のメリット
  • 基礎~標準レベルの英文解釈力が身につく
  • 問題数が多く、網羅性が高い
  • CD付き
  • 大学受験者生だけでなく、TOEICや英検受験にも使える

 

超基礎~標準レベルの英文解釈力が身につく

上で述べたように、「英文解釈の技術70」の難易度は「超基礎~標準レベル」です。英語学習者は絶対マスターしなくてはならないレベルが網羅されています。

 

「入門英文解釈の技術70」をマスターすれば、「超基礎~標準レベル」は完璧になります。このレベルを早い段階でマスターしておくことで、今後の英語力の伸び幅が大きく向上します。逆に言うと、このレベルを疎かにしたまま、勉強を続けても、たいして英語力は向上しません。

 

問題数が多く、網羅性が高い

「入門英文解釈の技術70」には、例題が70題、演習題が70題の合計140題の問題が収録されています。「英文解釈」のトレーニングに特化した参考書としては、この問題数はかなり多いです。

 

やりきるのは大変ですが、やり切ることができれば、抜け目なく「超基礎~標準レベルの英文解釈力」を鍛えることができます

 

1冊でここまで網羅性を高く学習できる参考書は貴重なので、大変おススメです。

 

CD付き

本書は英文解釈の参考書としては珍しくCDが付属されています。このCDが超重要です!英語は言語なので、実際に「聞く」「口に出す」が重要です。CDがあればこれらの作業が大変やりやすくなります。

 

このCDも使い倒すことで、英文解釈力だけでなく、リスニング力、英作文力、スピーキング力も爆上がりすることを保証します!

 

音読の効果と具体的な学習方法は下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

 

大学受験者生だけでなく、TOEICや英検受験にも使える

「入門英文解釈の技術70」は大学受験のためだけのものではありません。TOEICや英検を受ける人も、この「超基礎~標準レベル」は完璧にマスターしなくてはいけません

 

「英文解釈の技術70」をマスターすれば、TOEICや英検では、「英文解釈」にこまることがないレベルに到達できます。

 

「入門英文解釈の技術70」のデメリット

 「英文解釈の技術70」のデメリット
  • 問題数が多すぎる
  • 語彙レベルが高い
  • 意訳しすぎ

 

問題数が多すぎる

「入門英文解釈の技術70」には、例題が70題、演習題が70題の合計140題の問題が収録されています。

 

この問題数は、非常に多く、網羅性も高いです。その反面、問題数が多すぎるため、途中で挫折してしまう可能性が高くなるといったデメリットがあります。

 

「入門英文解釈の技術70」では、1つも無駄にできない英文解釈のための技術が詰まっています。途中で挫折してしまうと「入門英文解釈の技術70」の効果が半減以下になってしまいます

 

問題数が多いということは、それだけ網羅性も高いということなので、「入門英文解釈の技術70」に取り組む際は、途中で挫折しないように、事前に十分覚悟を決めて取り組みましょう

 

語彙レベルが高い

「入門英文解釈の技術70」は、実際の中堅大学の入試問題から抜粋された問題ばかりが収録されています。つまり、本番で問われるレベルの問題ばかりです。その分語彙レベルが比較的高いです。

 

難しい単語については、問題の下に訳注がありますが、訳注がない単語のレベルも少し高めです。

 

「入門英文解釈の技術70」を取りかかる前に、下の記事の「初級レベル」の英単語までは、最低でも習得しておくことをおすすめします。

合わせて読みたい

 

意訳しすぎ

「入門英文解釈の技術70」では「模範解答」が記載されています。 「英文解釈の技術シリーズ」全般に言えることですが、「模範解答」がめちゃめちゃ意訳されています。若干、英文構造を無視した訳になっている箇所さえあります。

 

なので、納得できない部分があった場合は、先生や英語の得意な友人に聞くようにしましょう。

 

「入門英文解釈の技術70」の使い方

使い方は、使用者の状況に応じて、主に2つのパターンがあります。

 

■時間がある人

 「入門英文解釈の技術70」の使い方
  • 例題を解き、技術をインプットする

  • 演習題を解いてアウトプットの練習をする

  • 周回する

 

まずは、例題を解いてください。例題を解く際は、英文の構造を正確に把握しながら進めてください。

 

本書の目的は「英文解釈力の向上」にありますので、フィーリングで英文を読んでも全く意味がありません

 

例えば、問題文を読む際には、「主語がここで、動詞がここで、この目的語には修飾語がこういう風にを修飾して〜」というふうに、SVOCMを正確に振り、英文の構造を把握してください。

 

これを曖昧なまま勉強進めても本書から得られるものはほとんどありません。

 

逆に言うと、文構造を正確に把握しながら読み、その問題でフォーカスされている技術を正確に理解・吸収しながら学んでいけば、英文解釈力が着実に向上します。

 

次に、演習題を解いてください。

演習題は、例題で学んだ「技術」を使えば解くことができます。そのため、演習題を解く際は、例題で学んだ「技術」の使いどころを意識しつつ、英文の構造をしっかり把握しながら解いてください。

 

「例題でインプットした技術を演習題でアウトプットし定着させる」というのが勉強における黄金パターンです。

 

問題集を1周したら終わりでなく、後述の方法で、最低でも3周は周回してください。周回を重ねることで、技術が定着し「使える技術」となります。

 

■時間がない人・最低限でよい人

 「英文解釈の技術70」の使い方
  • 例題を解き、技術をインプットする

  • 例題を周回する

 

ひたすら例題を解きます。例題を解く際は、英文の構造を正確に把握しながら進めてください。例題を読む際には、SVOCMを正確に振り、英文の構造を把握してください。

 

問題集を1周したら、2周目に取り掛かってください。

 

2周目では、1周目で学んだ技術を、アウトプットするつもりで、解いていってください。3周目以降では、後述の音読方法を使って、周回してください。周回を重ねることで、技術が定着し「使える技術」となります。

 

演習題を飛ばし、例題のみを周回しても「英文解釈の技術」は確実に身につきますのでご安心ください

 

「英文解釈の技術70」の復習方法(音読)

英語学習においては復習が最も大事です。

 

「圧倒的な復習主義」!この精神が英語力を爆上げしてくれます。

 

復習に全力を注がないと全く成長しません。そして、その復習には、音読が最も効率的・効果的です。音読の効果は計り知れません。

 

音読をすることで、解釈力、速読力、リスニング力、スピーキング力などをまんべんなく伸ばすことができます

 

音読をしない手はありません。次の方法で、音読して復習しまくってください。

 「入門英文解釈の技術70」の復習方法 
  • 英文構造を把握しながら、10回音読する

  • テキストを見ながら10回オーバーラッピングする(with  CD)

  • CDのみを使ってシャドーイングする(できるようになるまで)

 

まずは、英文構造を頭に叩き込んでください。

 

英文の構造を十分理解できたら、本書をみながら、英文構造を意識しつつ、また、英文の内容・情景をイメージしながら音読を繰り返してください。

 

10回以上音読すれば、自然と内容が頭に入ります。

 

その後、CDを使って、オーバーラッピング→シャドーイングを行ってください。これをやることで、英文を読んだときに、日本語を介さず英語のまま理解できるようになります。こうなれば、自然とリスニング力と英作文も向上します。

 

音読の方法と効果については、下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください

合わせて読みたい

「英文解釈の技術70」の到達レベル

本書をマスターすることで、「英文解釈力」は、次のレベルに到達できます。

「入門英文解釈の技術70」の到達レベル 
  • 中堅大学、MARCHにギリギリ合格
  • 英検2級に合格
  • TOEICの700点台ギリギリ到達

 

もちろんこれは、「英文解釈力」に限った話です。

 

「入門英文解釈の技術70」をマスターすれば、多くの試験に挑むための「英文解釈力の基礎」が完成します

 

「英文解釈の技術70」の次の参考書①

より上のレベルの大学を目指す人、MARCHレベルの大学にも余裕でをもって挑みたい人、TOEICでさらなる高スコアを取りたい人は、次の参考書に取り組んでも良いと思います。

 

 

 

上記の参考書のどちらかを完璧にマスターすれば、「英文解釈力」においては、難関大合格、TOEIC900点台、英検1級の合格も現実的です。

 

「英文読解の技術100」と「ポレポレ」の概要、それぞれの参考書の違いは以下の記事で詳しく説明しるので、是非ご覧ください。

合わせて読みたい

 

「英文解釈の技術70」の次の参考書②

「入門英文解釈の技術70」の後に、「英文解釈の技術100」や「ポレポレ」に取り組んでるけど難しすぎて、理解できない・・・。

という人を時々見かけます。

 

そういった人は、姉妹書の「基礎英文解釈の技術100」に取り組んでください。「入門英文解釈の技術70」と「基礎英文解釈の技術100」には、同じ問題も収録されており、重複が大きい部分もあります。

 

しかし、「入門英文解釈の技術70」→「英文解釈の技術100」や「ポレポレ」への接続が難しい人は「基礎英文解釈の技術100」を挟むことをおすすめします。

 

「入門英文解釈の技術70」→「基礎英文解釈の技術100」→「英文解釈の技術100」or「ポレポレ」と接続すれば、どの段階においてもギャップが少なく、全ての人が無理なくステップアップできると思います。

 

「基礎英文解釈の技術100」を挟む必要があるかどうかは、「英文解釈の技術100」や「ポレポレ」を最初の10ページ程度を書店で立ち読みし、全く理解できなかった場合に、挟みましょう。

 

基礎英文解釈の技術100」は下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

合わせて読みたい

 

「入門英文解釈の技術70」のまとめ

「入門英文解釈の技術70」には、初心者が英文を読めるようになるための技術が詰め込まれています。

 

このレベルの「英文解釈力」を身につけておくかどうかで、今後の英語力をどれだけ伸ばせるかが決まります。

 

大学受験用の参考書のイメージが強いですが、「入門英文解釈の技術70」は、TOEICや英検などの全ての英語学習者におススメできる参考書です。

 

ここまでを完璧にすることで、付け焼刃でない、一生あなたの役に立つ英語能力を獲得できます。

 

「入門英文解釈の技術70」を使って、一生モノの英語力を身につけましょう!!

 「英文解釈の技術70」のまとめ 
  • 「英文解釈」の初めの1冊におすすめ
  • 標準程度の英文解釈力が完璧になる

  • 勉強しやすい構成
  • 大学受験だけでなく、すべての英語学習者におすすめ

 

 


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村